公正証書遺言はどうやって作成するか

遺言書の作成をするとき、いくつかの方法から選びます。
最も簡単なのは自筆遺言書になるでしょう。
自分で書いて自分で印を押し、日付などを書いておけば成立します。
自分で保管をしておくので、裁判所の検認が必要になります。
それ以外にあるのが公正証書遺言です。
確実に実行したい場合は、この方法で行うのが良いとされています。
では公正証書遺言はどうやって作成するかです。
公証役場に行って作成することぐらいはわかるかもしれませんが、いきなり公証役場に行って作成できるかといえばそうでもありません。
証人二人が必要で、証人には推定相続人などはなれません。
事前に用意する書類や公証人に支払う手数料などいろいろなことが必要になります。
簡単に行いたいなら、法律事務所などに依頼をするのが良いでしょう。
何を準備するのかなどがわかります。
証人も用意してくれ、秘密を守ってもらえます。
もちろん依頼料などのコストが通常よりもかかることになります。